撮影レポート「第12回撮影(すたじお金魚)」

シモーナさんは烏鷺々々亭のゲストさんを募集し始めた頃、
方向性を知ってもらいたい為に初期に烏丸先生が描いてくれたマンガで登場したオリジナルキャラです。

スチームパンク 烏鷺々々亭

なんとシモーナさんを史郎さんが再現してくれたのです!
オリジナルのキャラクタをリアルに再現して貰えた、というのはとても嬉しい限りです。

スチームパンク 烏鷺々々亭
面倒な背中のパーツまで!

シモーナと侘助だけでは話を膨らませるのは難しいので深川氏にも登場して貰いました。

スチームパンク 烏鷺々々亭
渋い魅力が本当に素敵です、今回は貧乏クジなキャラでしたが(笑)

今回のカメラマンさんはシュウさん  
このちょっと後の作品「bookshop」、「Dreamland」も撮っていただきました。

撮影は池袋のスタジオ金魚さんにて。
家具を移動して侘助が居そうな部屋っぽくしてみました。
撮影後は家具をバッチリ戻したつもりでドヤ顔でチェックして貰いましたが「全然違う」と言われてしまったのも良い思い出です。
すたじお金魚様のサイトはコチラ
http://st-kingyo.com/

さて、そんなシモーナさんが登場するAutomatonシリーズです。
Stormy Night」、「MuzzleFlash」、「Gold Coin

嵐の晩、どーせ客も来るわけがない。
と、いつもとたいして変わらずノンビリ寛ぐ侘助の元に為政者側の人間、深川卿が訪れます。

何か後ろめたいことがあるのでしょうか?
腕が立つとはいえ伴も連れずにコソコソ侵入してきた存在にシモーナの蒸気センサー(弱点:ラップで覆われると反応しない)が反応しました。

飼い猫が獲物を主人に見せつけに来るように、侵入者と認識され片手で捻じ伏せられた深川卿をシモーナは侘助に差し出しました。
上客の変わり果てた姿に驚く侘助と、解放された深川卿との商談が始まります。

スチームパンク 烏鷺々々亭

ストーリーとしてはこんな展開ですが、商談の内容は
深川卿の領地を荒らした連中(「Rusty Puppet」)を懲らしめ盗んだ宝を取り返してきてくれ。
ということでした。

軍部でもない、特に腕力に優れるわけでもない侘助に依頼をするということは、それなりに裏の窓口として権力者に営業しているのかもしれません。

皆さんご存知の通り、宝を盗んだ主犯は侘助なんですが、何食わぬ顔でしっかり報酬をいただき「虚無僧」 にRusty Puppetの征伐を押し付けました。

それぞれ別々で撮影したストーリーが少しずつ繋がっていくのも烏鷺々々亭のウリだったりします。

スチームパンク 烏鷺々々亭

今回もオマケ。


2016-09-13 | Posted in BlogNo Comments »