烏鷺々々亭スチームパンク喫茶【cafe虚無鎖】第6回のお知らせ

本イベントは終了しました。

ガバガバ進行、ユルユル設定、スチームパンク界の異端児。
【スチームパンクcafe虚無鎖】6回目のお知らせです。

先日ある参加者の方が「虚無鎖って何やるんですか?」と尋ねられたそうです。

尋ねられた参加者は何故か解答に困ってしまったそうです。
おやおやー?そこはしっかり答えて宣伝していただかないと!

実は…私も…よく…解りません…。

さて、今回のメイン茶番は【ドラ虚無クエスト】
これまでと少し違った形で参加者の皆さんを巻き込みます。

2017年05月13日(土)神田(前回と同じ)にて開催いたします。

虚無鎖

本記事は情報を追加していきます。
※04/22 満員御礼(キャンセルをお待ちください)。
※04/17 イメージ画像更新。
※04/11 取材について。
※04/10 募集開始。
※04/02 公開。

==========

■【cafe虚無鎖】

参加者の皆さん同士、衣装、ガジェット、イベント、作品…スチームパンクに関わる様々な事を語り合う場です。撮影もOKです。
色んなアイディアを語り合い、一人でもお友達を増やして帰りましょう。

テーマは勿論スチームパンクですが、衣装が必須というワケではありません、スチームパンクに詳しい必要もありません。
スチームパンクに興味があればそれが参加資格です。

ドレスコードは「あります」。
・「現代の普通の服」または
・「自称でもスチームパンクであれば和洋中OK」

方向性統一の為、サイバーとかSFとかはご遠慮ください。

スチームパンクに興味がある「はじめましての方」は大歓迎です。
「現代の普通の服」でお困りであれば、茶色っぽければ格好つきますよ。
自信が無ければ聞いてください。

==========

■申し込みページ

エントリーページはコチラ。
http://twipla.jp/events/252536
お一人でも、お友達とご一緒でも、お気軽にご参加ください。

※満員御礼となりました。キャンセルの方が出たタイミングで偶々空いていたら登録してOKです。
※当日メディアの取材が入ります。詳しくはまた後日公開しますが、まぁいつもと同じような感じです。

==========

■時間と催し物(以下は全て予定となります)

入場:12:45より
開始:13:00(イベントがありますので遅刻厳禁です)
終了:17:00
参加費:2,000円
他:18歳以上(年齢が満たない人は別途ご相談ください)
定員:70名

前回同様、半立食のスタイルです。
撮影スペース(小部屋)にて希望者を撮影致します。

勿論ご自身のカメラをお持ちいただいてOKですし、カメラ専門で遊びに来ていただいてもOK!

スチームパンクに彩れるような小道具等お持ちいただけると嬉しいです。
(いつも持参してくださる方々には感謝です)

撤収時間厳守なので着替えが必要な方は早めにパージしてください。

★カフェ虚無鎖 コラボ企画

スチームパンク 虚無鎖

【ドラ虚無クエスト】(詳細はページ一番下に)

【お名前ビンゴ】(詳細はページ一番下に)

【Drink Jockey コービー】(詳細はページ一番下に)

【出張写真館 sae.NAK】(詳細はページ一番下に)

出しモノやパフォーマンス、何か出展したい方はご相談ください。
楽しいアイディアがあればこっそり教えてください。
(時間とスペースの関係から採用するとは限りませんが)

==========

■場所
the C(地下)
JR「神田」駅北口徒歩7分(北口が解りやすいです)
都営新宿線「小川町」駅B6出口徒歩4分

道順(ページ一番下に)

==========

■飲食について
用意のあるもの
・お茶、ジュース等のソフトドリンク。
・簡単なスナック程度のお菓子。

※飲食物の差し入れ大歓迎。(調理が不要であること)
※アルコールを飲みたい方は持参してください。
(もしくは【Drink Jockey コービー】をご利用ください)

==========

■衣装について
・女性用に更衣室が有ります。男性はスマヌがその辺で。
・更衣室が空いている場合は男性の利用もあります。
・メイクルームはありません。
・装備持ち込みはOKですが刃物などお巡りさんに捕まるものは厳禁です。
・長モノは禁止はしませんが人数が多いのである程度の空気は読んでください。
・長モノ等、堅いモノの振りまわしは厳禁です。
・撮影スポットをご用意。
・スチームパンク小道具の持ち込み大歓迎。

==========

■カメラマン参加の方へ
・固定の撮影ブースはありますが、専任のカメラマンさんが居るのでフリーで撮っていただけるとありがたいです。
・ネットへのUPについては、被写体にご確認ください。

==========

■その他注意事項
・近隣は住宅街となるため悲鳴や絶叫などはご遠慮ください。
・同様に会場前、閉会後は施設前に溜まらないようにお願いします。
・施設内は全席禁煙です。※電子シーシャも煙に含みます。
・未成年の飲酒喫煙は厳禁です。
・スチームパンカーさんは是非手作りの装備や品、本など関連するものをお持ちください。
・貴重品はご自身で管理してください。紛失盗難の責任は取れません。
・ペット等のイキモノはダメです。

他いろいろ考えていますが、個人の開催するイベントにてどうしても文化祭レベルです。
そしていつもの台詞ですが「お客様」はご遠慮ください。
いつも参加者さん達のクオリティに助けられております、今回も懲りない皆様のご参加お待ちしております。

==========

【ドラ虚無クエスト】

いにしえのウロウロ王国は閉ざされた闇の地、絶望が支配する国であった。
伝説の勇者虚無僧が、神より授かりし光の玉をもって闇の魔王を倒し、邪悪な魔物を大地に封印した。
この時より、永き平和がこの地に訪れたという。

虚無鎖

だが、時は移ってワビスケ王の治世。いずこよりか現われた悪魔の化身・竜王が、
代々ウロウロ王家の手にあった光の玉を奪い、闇に閉ざしてしまったのである。
魔物たちの封印は解かれ、世は再び邪悪と混迷へと向かった。
その後、国の行末を憂えた多くの男達が、竜王に戦いを挑んだ。
しかし、いずれも悲惨な結果を迎えるばかりであった……。

そんなある時、ひとりの予言者は言った。
「やがてこの地に、勇者の血を引く者が現れる。その者こそが竜王を滅ぼすであろう。」

そして数年の後、予言の通りその若者は現われた。
昔日の勇者の血を引く“新たなる勇者”が、打倒竜王に向け、今旅立つ……!
「そなたの来るのを待っていた、勇者虚無僧の血を引く者と仲間達よ!」

勇者将園とその仲間ラスティパペットがワビスケ王に謁見するのであった…。

※親睦を深めるための簡単な謎解きゲームを行います。
※ルールは当日説明いたします。
※本企画は「ドラ虚無クエスト」(ドラコムクエスト)と言いたいだけなので「ドラゴンクエスト」を全く知らなくても楽しめます。
※ドラゴンクエスト知らないけど、どうしても気になる方は「ドラゴンクエスト ダイの大冒険」コミック1巻くらい読めば充分です。

==========

【お名前ビンゴ】

イベント中に参加者のお名前をゲットしてビンゴカードを作りましょう。
ビンゴの景品は素敵な…ものがあるのかは現時点で不明です。

※「景品に使ってくれい」というお土産や作品の提供大歓迎です。極力宣伝させていただきます。

==========

【Drink Jockey コービー】

「アルコール持ち込んだら多過ぎて飲みきれないぞ?そうだ!カクテルにして皆に振舞おう!」
カウンターの隅でDJコービーがカクテルを振舞います。

※「虚無鎖」のソフトドリンクとは別コーナーです。
※ご利用は20歳以上となります。
※何故か募金箱があります。
※アルコールが弱い方はご遠慮ください。

==========

【出張写真館 sae.NAK】

今回は駆け出しカメラマン!sae.NAKさん(サエさん)のカメラコーナ(固定砲台)をご用意。
素敵な衣装を記念に残していってください。

==========

■道順

※早めに到着したら1Fのベローチェでコーヒゼリー(ワビスケお勧め)を食べて待ちましょう。
※途中に別店舗の「ベローチェ」があります。ご注意ください。

■JR神田駅から(約7分)
1、北口から出発。
(公式では【西口】と書いていますが、解りやすい【北口】で説明します。)
スチームパンク 烏鷺々々亭

2、正面の「富士そば」の道に入ります。
スチームパンク 烏鷺々々亭

3、「ドトール」の交差点を左に。
スチームパンク 烏鷺々々亭

4、街道沿いをまっすぐ進みます。
スチームパンク 烏鷺々々亭

5、左手にカッチョエエ紳士服屋さんがある大きな交差点(司町)を直進。信号注意。
スチームパンク 烏鷺々々亭

6、「ベローチェ」の建物がゴール。「C」のランプが目印。
スチームパンク 烏鷺々々亭

7、会場は地下になります。階段ご注意ください。
スチームパンク 烏鷺々々亭

■都営新宿線「小川町」駅B6出口から(約4分)
1、B6 出口を出たら直進。
スチームパンク 烏鷺々々亭

2、そのまま直進。(デニーズの看板が左手にあります)
スチームパンク 烏鷺々々亭

3、「東京電機大学」「ミニストップ」の交差点に出たら、信号渡ってから、左へ。
スチームパンク 烏鷺々々亭

4、すぐに「ベローチェ」の建物が見えます。「C」のランプが目印。
スチームパンク 烏鷺々々亭

5、会場は地下になります。階段ご注意ください。
スチームパンク 烏鷺々々亭


2017-04-02 | Posted in BlogNo Comments »