「スチームパンクカフェ虚無鎖 第4回」無事終了しました。

「スチームパンクカフェ虚無鎖 第4回 2016/10/08」
※本記事は参加者の皆さんが撮っていただいたデータを使用しています。

スチームパンク界隈の知る人ぞ知る隠れ家的イベント、カフェ虚無鎖。
世間様への影響力は全くないのでこのまま立ち消えしても問題ない存在ではありますが
前回と同じ規模、同じ会場で第4回を無事に終了しました。

スチームパンク 烏鷺々々亭
(今回もキモいお菓子をご用意)

なんといってもこの10月の3連休
8日~10日に新宿でスチームパークがあり、10日に原宿でハンターズフェアがあり
関東を代表する2団体のスチームパンクイベントが開催ですよ。

もう怪獣大決戦ですよ、ゴジラ対モスラですよ、我々なんてその足元で歌うだけのコスモスですよ。

6月の時点で場所を確保していたのですが、うまいタイミングにハマったなぁ。という感想。
おかげで、関東近辺だけじゃなく全国から沢山の方々が2大イベントのついでに遊びに来てくれました。

これ、10日だったら目も当てられなかった。

スチームパンク 烏鷺々々亭

というわけで、またも大きなイベントに乗っかる体で楽しませていただきました。

今回お世話になった会場は前回と同じ「the C」さん。
小川町(神田)での開催です。

スチームパンク 烏鷺々々亭

人間、いやイベントって成長するんですね。
会場が同じだったので前回の失敗を活かせるというか、スタッフの皆さんの動きも早いというか。

導線を整理し、撮影スペースを別途追加したことで前回一番の失敗、窮屈感はかなり払拭できたかと思います。
また、受付スタッフを追加して入場時の混雑を緩和できました。

新しい会場になったら、また戸惑うことが増えると思いますが
あと何回かはこれくらいの人数で同じ会場になるかと思います。

理由としては「交流会」としては参加者が多すぎると「交流の密度」が下がってしまうからです。

毎回書いてますが【カフェ虚無鎖】は、スチームパンク好きな人同志で楽しい時間を過ごす交流会。
同じ趣味のお友達を一人でも増やして帰って貰うのが目的です。

はい、またも前置きが長くなりました、【三國虚無双】についてです。

スチームパンク 烏鷺々々亭

====================
政治は宦官と外戚の権力闘争に明け暮れていた。
その政治の腐敗をきっかけに将園という者が乱を起こした。
いわゆる虚無巾(コムキン)の乱である。
皇帝ワビスケは各州の刺史(長官)、豪族に命令し、虚無巾党討伐を行った。
反乱は鎮圧されつつあるが、烏鷺王朝は末期を迎え、諸侯が力を持ち、勢力争いをはじめる。
バレットが率いる公孫瓚軍!
BDが率いる董卓軍!
ミケが率いる袁紹軍!
サヴァが率いる孟獲軍!
そして虚無僧は滅びぬ、虚無巾党…。
中原の覇者となるのは誰か?そして、巻き込まれた参加者達の運命は…!?
====================

スチームパンク 烏鷺々々亭

今回も三国志全然関係なかったですね。
西暦でいうところの200年代をスチームパンクに持ってくる頭の悪さは余所には無い魅力ですね。

スチームパンク 烏鷺々々亭
(今回も死にました。)

交流の一助になるように、毎回何かしら企画を考えているのですが
前回のゲームはちょっと難しかったかなぁ?
という反省から、今回はシンプルなミニゲームにしてみました。

第二回に続き、スチームパンク賞金稼ぎ集団「ラスティパペット」(RP)の皆さんにご協力いただき
虚無僧を入れた5チームでのチーム戦。
強制的に小さなグループが作られるため、交流の密度が上がったのは良い結果でした。

スチームパンク 烏鷺々々亭

ところでRPが賞金稼いでるところ見たことないよね。

スチームパンク 烏鷺々々亭

ゲームの内容は、黒ひげ危機一髪とか、うまい棒味当てとか、箱の中身はなんだろなとか
昭和のバラエティを彷彿とさせるラインナップでしたが、いーんです、コレで。

イラスト伝言ゲームでは、素晴らしい作品が産み出されてしまったのでこの場を借りてご紹介。

お題は「ピカチュウ」でした。

5組中、3組はかわいいピカチュウを描いて正解しました。

では、残りの2組は…?

ごらんください。

その1
スチームパンク 烏鷺々々亭

1枚目からオカシイ。
むしろ伝言はあってた。
残念ながら最終的に「キツネ」となり不正解。

その2
スチームパンク 烏鷺々々亭

はい「あくま」って描いてありますね。
どうしてこうなった!?
どうして3枚目、虫歯菌みたいになった?

誰が描いたかは、ご本人の名誉のために伏せておきますね。

最終的なチーム順位は、虚無僧チームが勝利。

スチームパンク 烏鷺々々亭

メンバーには虚無僧から粗品プレゼントとなりました。

今回もお手伝いしてくれた皆さんと、参加者の皆さんのおかげでとても楽しい時間を作れました。
作家さんや、絵描きさん等、様々な方々が素晴らしい作品を発表していますが、
イベントも皆で作り上げる1つの作品だと考えています。

スチームパンク 烏鷺々々亭

少しずつではありますが、進化してる実感がありますぞ。

あ、今度はちゃんと集合写真の時間をスケジュールに入れようっと。

懲りずに次回も、トラブル無く、怪我も無いように。
素敵な茶番を貴方に。


2016-10-18 | Posted in BlogNo Comments »