スチームパンク&ビクトリアンの街「オマルー」へ行ってみよう。その4

・ここではオマルーの観光地図を紹介します。
・ニュージランド南島の街、オマルーの魅力を紹介する記事(その1)→コチラ
・オマルーへのざっくりな行き方の紹介記事(その2)→コチラ
・ダニーデン経由でのオマルーへの詳細な行き方の紹介記事(その3)→コチラ


GoogleMapより

赤い線で囲ったエリアが「Oamarus Victorian Precinct」 https://www.victorianoamaru.co.nz 歴史的建築物のある区画です。とにかくココを目指します。

①から⑤の区間で徒歩10分強の距離です。

①バス停

帰りの為にもこの位置を忘れないように。公衆トイレがあります。

バス停に貼ってある地図。

ダニーデンに戻るバスが18:15発なのに、近くのバスチケットを取り扱っているカフェは17時に閉まります。

②Steampunk HQ https://www.steampunkoamaru.co.nz

ここを目指してきたと思いますが、開店は10時から。長距離バスで来た場合は開店前になります。

逆に誰も居ないので撮影するチャンス!(ポジティブ)

入場料は10ドルですが、周りの展示物にコインを入れるとアクションがあります。汽車が火を噴く。


すぐ近くに観光用の機関車が走っています。

「OAMARU STEAM AND RAIL」http://www.oamaru-steam.org.nz

こちらも往復で10ドル。

のんびり10分程で地図右下のOamaru Blue Penguin Colonyの辺りまで行きます。

10分程の自由時間の後、出発した駅に戻ってきます。所要時間約20分。

③WhiteStone City https://www.whitestonecity.com

ビクトリアン文化の展示施設。25ドル。

ガイドして貰ったり衣装借りたりとか色々コースがあるみたいだけど勿論料金は上がります。

勿論ガイドは英語なのでさっぱり解らない私はご遠慮しました。

この③のエリアがまさにビクトリアな通りとなります。駐車している自動車が残念!

この通りには他にもギャラリーやレンタル衣装屋、本屋、お土産屋、カフェ等様々なお店があります。

狭いエリアなのでじっくり楽しみましょう。

④Steampunk playground

「スチームパンクな遊び場」という直訳するとウソみたいな公園。

公園の遊具がスチームパンクテイストという、この街は子供達にどんな英才教育を施す気なのかちょっと心配。

公園にも公衆トイレがあります。

「The Galley」というカフェが併設されておりこちらの外観もスチームパンク!

⑤観光案内所

公衆トイレがあります。トイレの話が多いなと思うかもしれませんが、旅先では大事な情報。

どこのトイレも綺麗でした。

⑥オマルー駅

先ほどの観光用とは違ってガチの駅。

メイン区域からちょっと離れてしまいますが、バス停に戻るついでに見てもよいかも。

海岸も綺麗です。

最後に…

あまり速足で回るとあっという間に回りきってしまいます。

のんびりと食事や休息をとりながら優雅に楽しむのが良いでしょう。

しかし街の殆どのお店の閉店は17時、バスが出るのは18時過ぎ…。

もしバスの時間までやることなくなってしまったら①と⑤の間にある「Countdownスーパーマーケット」等で時間を潰してもよいでしょう。

スチームパンク好きな人がこの街に興味を持って貰い、この記事が旅の役に立てば幸い。


2019-09-05 | Posted in BlogNo Comments »